様々な理由からお墓に埋葬できない方に知ってほしい納骨堂

桶

お葬式の形

最近は家族葬を行う方が増えています。それは高齢の方が亡くなった場合は参列者が少ないといったことやお返しなどが大変だから、などの理由があるようです。このページで家族葬のことをもう少しだけ詳しく知りましょう。

手を合わせる女の子

葬儀社の選び方

弔報は突然訪れることが多いです。そんな時にすぐに葬儀社を決めて連絡するのは難しいですよね。状況が状況なだけに判断が難しい場合もありますが、そんな時こそしっかりとした葬儀社を選ぶ必要があります。選ぶ際の注意点などをまとめてみました。

納骨堂の特徴

手を合わせる男性

人が亡くなった場合、葬儀を済ませ、その後、お墓に埋葬するのが一般的な形です。
しかし、何らかの理由で葬儀の後、お墓に埋葬する事が難しい人も少なくありません。
例えば、お墓がない人やお墓が遠く出来れば遺族の近くに遺骨を保管しておきたいという人などです。

特に東京のような大都会では土地が少ないのに人口が多く、少子高齢化の影響もあり墓不足という問題が起こっています。
その問題を解決するためのに東京では納骨堂と呼ばれる施設が徐々に増えています。
以前は、東京のお寺の敷地内に建てられている事が多かったですが、最近では、お参りしやすいようにと駅前など立地条件にこだわった場所も多くなっています。

基本的に納骨堂の場合、建物となります。
一般的なお墓とは違い見た目はビルのような、そんな建物の中に納骨堂がある場合が多くなります。その為、天気を気にせず、お参りする事が可能です。

そんな納骨堂の中には、自動搬送式と呼ばれるタイプの納骨堂があります。
このタイプの場合、お参りに来た際、ボタンを押すなどし、自分の目の前に骨壺を運んできてもらうシステムになっています。
そうする事で、目の前で遺骨に向かい、お線香をあげるなどお参りする事が可能になります。

その他の納骨堂のタイプとしては、ロッカーのように鍵を開けると骨壺があるタイプのものや仏壇と同じような装飾になっているものなどになります。
共通していえる事は、これらすべての納骨堂は、骨壺のスペースはごく限られたものであるという事です。
その骨壺を納骨堂で管理してもらっているという事になります。その為、年会費などの経費が必要になる場合がほとんどです。

東京にもいくつかの納骨堂がありますが、サービス内容や料金プランなどはそれぞれなので比較検討をした上で依頼するようにしましょう。

参列者

喪主のやるべきこと

葬儀を行う際は喪主が必要になります。一般的に喪主は故人の親しい方が執り行うことが通例となっていますが、その仕事内容は意外とハードです。喪主の役割とやるべきことを知っておきましょう。

白い花

記事一覧

「様々な理由からお墓に埋葬できない方に知ってほしい納骨堂 」の記事一覧です。