お葬式の形|様々な理由からお墓に埋葬できない方に知ってほしい納骨堂

様々な理由からお墓に埋葬できない方に知ってほしい納骨堂

お葬式の形

桶

最近では様々な形での葬式が増えてきています。
家族や会社関係者、知人などに参列してもらう一般葬に加え、ごく親しい人だけでお見送りをする家族葬。
その他、お通夜と葬式を1日で済ませてしまう一日葬あ直葬と言った形を取る場合もあります。

その中でも特に最近、増えてきているのが家族葬と呼ばれるものです。
家族葬の場合、基本的に参列する人は家族や親戚のみとなりますが、場合によってはごく親しい知人や友人のみ参加される事が多くなっています。
家族葬とはいわば、一般葬を小規模化した葬式になるといえるのです。

家族葬を行う年齢層としては、高齢な方が亡くなられた場合が最も多くなっています。
高齢な方が亡くなられた場合、知人の方なども高齢な方が多く、葬式に参列する事ができない場合も少なくありません。
また、親戚なども少なくなっているため、参列する事ができるのは家族と親しい知人のみになる場合も少なくありません。
その為、自然と家族葬と言う葬式の形を取る事が多いようです。

その他にも家族葬を選ぶ事で後々の付き合いなども省く事も可能になります。
香典を一切受け取らない代わりにお返しなども行う必要がなく、面倒な手間も自然と省く事ができるのです。
そう言った事から利用する事が多くなっている家族葬。その為、一言で家族葬と言っても、参列する人数や規模などもそれぞれになります。
また、一見同じように思われる密葬ですが、密葬の場合は、改めて葬式を行う為、家族葬とは区別する必要があります。